見た目年齢を若く保つ|毎日の洗顔で敏感肌のケアをしよう|刺激の少ないものを探す

毎日の洗顔で敏感肌のケアをしよう|刺激の少ないものを探す

見た目年齢を若く保つ

目

肌に合った化粧品を使う

シミやしわ、たるみなど、肌の悩みが増えてくるのが30代です。将来の肌を美しく保つためにも、不足してきた潤いやハリを高める基礎化粧品へと変えていきましょう。肌の機能が全般的に衰えてくる30代からは、メラニンが肌に定着しやすくなりシミが目立ってきます。また、コラーゲンの生成量も低下していますから、しわやたるみが起きやすくなります。人それぞれ肌の悩みが違うでしょうから、悩みをしっかりと改善できる基礎化粧品を選んで使いましょう。有効な美容成分が配合されているかどうか、肌に刺激がないかどうかなど、成分や効果をしっかりとチェックした上で、お試ししてみるのがおすすめです。どんなケアを30代でしたかで将来の肌が違ってきますから、老けない肌を目指してお手入れしていきましょう。

乾燥と肌荒れを防ぐ

肌の潤い物質が減少してくる30代からは、肌の乾燥を感じやすくなります。また、バリア機能も低下してきますから肌が刺激を受けやすくなり、肌荒れしやすくなります。この二つに注意して、30代の基礎化粧品選びをするのが大切です。まずは高保湿な基礎化粧品へとチェンジしていって、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。しわやたるみ、毛穴の開きなど、乾燥は様々な肌トラブルを引き起こしてしまって、見た目年齢を上げてしまう原因にもなります。また、敏感な肌になりやすいですから、低刺激な化粧品を選ぶのがおすすめです。石油系の化学成分が極力含まれていない自然派のものを選ぶなど、安全性にも気を配りましょう。バリア機能をサポートしてくれるのはセラミドですから、保湿にはセラミド入りのものが向いています。